準備する事

内定を取るための「自己分析」とは?誰でもわかるように【簡単解説】

この記事では就活生向けに「自己分析」について書いています。

この記事を読めば「自己分析」の目的、やり方、活かし方がわかります。

こんな人は読んでみて
  • 自己分析をなんでやらないといけないの!
  • 自己分析の方法がわからない。
  • 自己分析できるサービス・アプリは?
  • 内定取るのに自己分析はどうやって活用するの?

では早速解説していきます!

自己分析とは?

自己分析とは「自分を知る事」です。

具体的には、
「あなた自身の過去の出来事、経験」を具体的に振り返る

「あなた自身の強み・弱み・特徴」を導き出すこと。

(参考)
中国の名言で彼を知り己を知れば百戦殆うからずという名言があります。

この名言の意味は、「敵と自分自身を理解できていれば、戦で負ける事はない」という事です。

就活で置き換えると「企業を知って、自分自身を知れば、内定取れる」となります。

だから自分を知る自己分析は重要なんですね。

自己分析の目的(※重要)

自己分析を行う目的は!?

自己分析をする目的は「内定をGETする為」です。

では、なぜ内定GETする為に、自己分析が必要になるんでしょうか?

答えは、

「自己分析の結果を通じて、将来の仕事で何を活かせるかがわかる為」です。

言い換えると「自己分析してわかった強みを、将来の仕事でどのように活用できるか」がわかりやすくなる為です。

例えば、このような「A君」いると想像してみてください。

就職したい企業:ユニクロ
自己分析の結果わかった強み:①コミュニケーション力、②英語、③数字に強い

このA君は就職したいユニクロで、「自己分析」の強みをどのように活かせるでしょうか?

  1. ユニクロでコミュニケーション力を活かせて、接客をマスターしてお客様を幸せにしたい。
  2. ユニクロで英語を活かして、海外旗艦店の店長になりたい。
  3. ユニクロで得意の数字を分析して、売れ行き商品を見つけ、売上増加に貢献したい。

就職したい企業×あなたの強み=将来やりたい事!

こんな風に理解してもらえたらわかりやすいかと思います。

「自己分析をどう活かすか!」が超大事です。(※重要)

この項目で2つ目の大事な事を書きます。

自己分析は行っただけでは、意味がありません。
自己分析を行ない、それをどう活かせるか!が大事です。

たくさんの自己分析ツールを利用して、自分自身を知る事も大事ですが、知った上で就職したい企業で何ができるかを考える事が大事です。

さっきのユニクロのA君のように、「自己分析の結果、●●したい、●●できる」とアウトプットできるようにしましょう。

とはいえ、難しく考えないで気楽に行きましょう!

自己分析の方法

自己分析の方法は、ネット上で様々な手法が紹介されています。
大きく分けると3つに分類できます。

自己分析の方法
  1. 媒体社の自己分析ツール
  2. アプリ
  3. 書籍

媒体社の自己分析ツール

各媒体社の運営オススメ
  1. キミスカ
  2. one career(ワンキャリア)
  3. dodaキャンパス

この3つは逆求人サイトが運営するサービスとなります。

ではなぜこの3つが良いのでしょうか?

「逆求人サイトの場合、自己分析の結果をすぐに自分のプロフィールに更新できるからです」

また、キミスカは、自己分析の結果を見て、企業がスカウトを送るので、

「自己分析ができて、企業からスカウトが貰えて一石二鳥」となっています。

もちろんこの3つ以外にも、マイナビやリクナビ、キャリタスなどのサービスも自己分析サービスを行っていて、ほとんどのサービスが無料なので、自分にあったサービスを利用しましょう。

キミスカ

1つ目のオススメ自己分析サービスはキミスカの「キミスカ自己分析」です。

キミスカ トップ画面

キミスカ適性検査は、150の質問に回答することで、あなたがどんな傾向があるか9つの観点で診断してもらえます。

詳細ページキミスカ公式HP

オファーボックス

2つ目はOfferBox(オファーボックス)の「適正診断AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、社会人として働いていく中で求められる力を6タイプ25項目で診断します。

詳細ページOfferBox

dodaキャンパス

3つ目は、dodaキャンパスが行っている「適正検査GPS」です。

dodaキャンパス トップ画面

適性検査GPS(dodaキャンパス)は、23の設問に答えるだけで、あなたの強みや弱みなど、パーソナリティの特徴を把握できます。

適性検査GPS(dodaキャンパス)を受けたあと、結果がグラフやランク形式で表示されるため、自分の性格を客観的に把握することはもちろん、自己分析にも役立てられますよ。

詳細ページdodaキャンパス公式HP

自己分析ができるアプリ3選

自己分析ができるツールは、新卒サービス以外にもたくさんあります。

その中でも有名なサービスを3つ紹介します。

この3つも会員登録すれば無料で利用できるので、是非ご活用ください!

自己分析にオススメの書籍はこの3冊

有名な書籍を3冊+1冊紹介します。

書籍おすすめ
  1. ストレングスファインダー
  2. メモの魔力
  3. 絶対内定2022

ストレングス・ファインダー2.0 全世界2400万人が利用

自己分析の大定番の一冊です。

2001年に発売され、全世界2,400万人が利用し、日本でも100万部の大ヒットとなっています。

34の資質の中から、あなたの「トップ5の資質」がわかります。

「その資質をどう使えばあなたの武器になるか」

「どうすればその資質を持つ人たちを活かすことができるか」といった

「強みの活かし方」にフォーカスする。

34の資質ひとつひとつについて、それぞれ10項目の〈行動アイデア〉と3項目の〈人の活かし方〉を解説する。資質や才能はダイヤモンドの原石であり、それを活かしてこそ、光り輝くダイヤモンド、すなわち強みとなる。

引用:Amazon販売ページ

だからこの「ストレングス・ファインダー2.0」を使う事であなたの強みである「資質」を知る事ができて、

「こういう仕事があっているよ!」

というアドバイスまでわかってしまう素敵な本です。

就活だけでなく、社会に出てからも、転職時にも一生役に立つ本です。

私の資質、ベスト5はこちらです。

  1. 最上志向
  2. 包含
  3. 分析思考
  4. 公平性
  5. 親密性
created by Rinker
日本経済新聞出版社
¥1,980
(2021/06/16 18:51:22時点 Amazon調べ-詳細)

メモの魔力 自己分析の為の1,000の質問

2019年一番売れたビジネス書である「メモの魔力」は、非常に優秀な本です。

優れている点
  1. メモの取り方がわかる
  2. 取ったメモの活用方がわかる
  3. 自己分析ができる

詳細は、「【感想】『メモの魔力(前田裕二)』の書き方と効果を解説します!」に書いたので、是非読んでみてください。

今回の記事のテーマは「自己分析」なので、「自己分析」にフォーカスすると、

この書籍に1,000の質問というとてつもないコーナーがあります。

これらの質問に回答するだけで、自分自身を深ぼる事ができます。

実際これを行った著者の前田さんは、SHOWROOMを創業しビジネスで成功を収めています。

1,000問全部行うのは大変ですが、変な自己分析ツールを活用するより、1,000倍良いと私は思います。

created by Rinker
¥732
(2021/06/16 14:49:36時点 Amazon調べ-詳細)

絶対内定2022 12年連続、大学生協 第一位

この本も大定番ですね。

就活本にはじめて「自己分析」の手法を取り入れ、

100枚近くのワークシートを使ってキャリアデザインを描くことで、自身の強みを知り、心から望む仕事・会社を見つけ、第一志望の企業から内定を勝ち取ろうという内容。

圧倒的な情報量は他の就活本を寄せつけない。

引用:Amazon販売ページ

先程紹介した「メモの魔力の作者の前田裕二さん」も、学生時代にこの本の自己分析に取り組んでいた事で、話題になりました。

購入して満足しないで、是非ワークシートをやりきってくださいね。

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥2,980
(2021/06/16 17:19:01時点 Amazon調べ-詳細)

人生の勝率 どこで働くか?で収入が変わる

 

また、自己分析とは関係ありませんが、個人的に知っておいて欲しい本を一冊紹介します。

要約すると、

人生で勝ち組になるには「どこで活躍するかが大事」

人間の能力に大きな差はなくても、働く場所で差がでます。

わかりやすく数値化できる、「年収」で説明すると、このようになります。

・年収高い・・・IT、建設、不動産(年収800万×40年)
・年収低い・・・保育、介護(年収400万×40年)

人間として差があるのではなく、働く場所で生涯年収にも差が出てくることは
知っておいて損はないと思います。

ちなみに、年収が低い人が劣っているわけではなくてないですからね。

自己分析を生かさないと意味がない。

今まで自己分析について書いてきましたが、最後に大事な事をお伝えしたいと思います。

自己分析ツールで診断し判明して終わりではありません。

その結果を就活にどう活かすか!!がすごく大事です

この記事の冒頭で書いた通り「自己分析を行う目的は、内定をGETする為」です。

だから自己分析をして、それを「自己PRや面接」でしっかりアピールしましょう。

おしまい

就活の準備
就活の準備はここからスタート!これで差がつくポイントをサクッと要約!【誰でもわかる】就活準備は大変です。しかし、ポイントを抑えていれば誰でもできるから安心してください。 ①就活の軸・・・やりたい事の明確化。②自己分析・・・自分の長所・短所を知る。③企業分析・・・入りたい会社か判断する。④履歴書・・・最低限の書き方を知る。⑤スタート時期・・・思い立ったら始めよう!。この5つのポイントをわかりやすく解説しています。これでみんなに差をつけちゃいましょう!...
就活生にオススメする人気のサービス3選!!
逆求人サイト オファーボックス
逆求人サイトのおすすめは、「オファーボックス」です。

オファーボックスは、無料で利用できて、利用企業数が7000社を超え、年々右肩上がりで増えてきている注目のサービスです。また、逆求人サイトでは3年連続でNo.1となっているので、企業にも学生にも選ばれているサービスとなります。

オススメ度
メリット
  1. 新卒オファー型就活媒体 3年連続学生利用率No.1
  2. 登録企業数は業界トップクラス
  3. プロフィールの入力90%以上で、平均17.9件のスカウトが届く!
特徴
  1. あなたが気が付かない可能性が広がります!
  2. 登録企業のほとんどが優良企業!
  3. 利用学生数は圧倒的に右肩上がり
運営会社 i-plug株式会社

詳細ページOfferBox公式HP

エージェント キャリアチケット
キャリアチケット
キャリアチケットは、新卒エージェントサービスで一番オススメのサービスとなります。なぜなら、オリコンの調査で「顧客満足度No.1」をGETしているからです。つまり、リクナビやマイナビのような大手企業より、オススメとなっています。就活の困った事は、アドバイザーに何でも相談できて、無料で利用できるので、うまく活用して内定をGETしましょう!
オススメ度
メリット
  1. 登録するまで何も準備しなくていい
  2. 最短3日で内定取得できる場合がある
  3. 優良企業170社の中から、紹介してくれる
特徴
  1. 入社後のキャリアを見据えた、本質的な就活を支援
  2. 新卒エージェントランキング 顧客満足度1位(オリコン調べ)
  3. キャリアチケット利用者の「6人に1人が内定承諾」
運営会社 レバレジーズ株式会社

詳細ページキャリアチケット公式HP

自己分析ツール キミスカ
キミスカは逆求人サイトとしても優れていますが、それ以上に自己分析ツールが優秀で便利なので、紹介します。このキミスカの適性検査は、数万人の社会人データベースにして「①意欲の傾向」「②ストレス耐性」「③職務適正」が、ビジュアルされてわかりやすく表示されるので、自己分析がはかどります。さらに、この自己分析の結果がそのまま起業からのスカウトにも活用できる、一石二鳥のサービスとなっています。
項目名
メリット
  1. 7万人以上が利用し、高度な自己分析が可能
  2. ESに書ける自分の強みがわかる
  3. 自己分析の結果をそのまま、スカウトに活用できる
特徴
  1. 就活生の5名に1名が利用している
  2. スカウトメールは3種類。プラチナスカウトは超貴重
  3. 直接企業担当者と接触できるイベントがある
運営会社 株式会社グローアップ

詳細ページキミスカ公式HP

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA