まずはここからスタート詳しくはこちら

【就活生の証明写真】基本のき。撮影方法を比較。おすすめの撮影方法とは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ライスパ

人材会社で15年間、企業の採用支援に携わった経験と実績から、この記事を執筆しています。

履歴書に貼る証明写真って、意外と面倒くさいですよね。

そして知らない事が多いですよね。

証明写真でよくある悩み

  1. どこで証明写真を撮影すればいい?
  2. 駅前にあるスピード写真でもいい?
  3. 髪型とかメイクはどうすればいい?
  4. 何枚くらい手元において置くと便利
  5. 写真はデータでももらえるの?

このように、意外と知らない事ばかりかと思います。

この記事では、就活に関する証明写真について解説していきます。

文字数少なめで書くので、証明写真で困った事がある人は読んでくださいね。

本記事の構成

  • 証明写真の意味
  • 証明写真で注意したいポイント
  • 証明写真はどこで撮影するのがいい

では、早速「証明写真の意味」について解説していきたいと思います。

クリックできる目次

証明写真の意味とは?

就活における証明写真は、まあまあ重要です。

なぜなら企業側は、履歴書に貼ってあるあなたの写真でしか、あなたを判断できないからです。

困った就活生

見た目で判断しないでよ・・・。

こう思うのも当然だと思います。むしろ正しいと思います。

ただ知っておいて欲しいのは、

ライスパ

似たような評価の人物がいれば、清潔感がある人を優先します

当ブログでは何度も大切と言っている「清潔感」ですね。

書類評価が100点の学生が2名。

・A君の証明写真・・・パリッと清潔。

・B君の証明写真・・・寝癖がある。

少し極端かもしれませんが、この場合は清潔感があるA君が選ばれますよね。

嫌味な面接官

寝癖付きの証明写真の履歴書なんて、見ないよ。

このように、企業があなたを判断する唯一のビジュアル手段が、証明写真となります。

だから最低限の対策は取るようにしましょう!

証明写真で注意したいポイント

就活 身だしなみ

注意したいポイントの構成

  1. サイズ
  2. 髪型
  3. 髪色
  4. 前髪
  5. メイク
  6. 背景色
  7. 名前を書く

証明写真で主に気をつけるべきは、この7点だけです。

7点もあるから、大変そうに見えるかもしれませんが、

見れば納得の内容のものばかりだから、気軽に読んでね。

証明写真のポイント①:サイズに気をつける

引用:ルートテック「好印象で内定につながる履歴書写真のポイント(写真サイズ・服装・アプリ・髪型など)」

証明写真のサイズ

一般的な証明写真のサイズは、「3×4」です。

ただ、履歴書によっては、「5×7」「4×5」になっている場合もあります。

証明写真を撮影する前に、自身がお持ちの履歴書で写真サイズを確認するようにしましょう!

ライスパ

間違えたら単純にお金がもったいないよ!

証明写真のポイント②:髪型について

髪型は清潔感が出るように

寝癖やボサボサにならないように、くしでとかすなど整えましょう。

非常に基本的な事ですが、念の為書いておきます。

女性は問題ないかと思いますが、男性は特に気をつけましょう。

ライスパ

ちょっとぐらいの寝癖、は担当者にバレてます。

証明写真のポイント③:髪色について

引用:ルートテック「好印象で内定につながる履歴書写真のポイント(写真サイズ・服装・アプリ・髪型など)」

髪色は、地毛に近いナチュラルな色

必ず黒髪ではないとダメというわけではありません。

適度なナチュラルさであればOKです。

面接前や、この証明写真の撮影前くらいは、髪色を変更しておきましょう。

ライスパ

自分で少しでも「明るい」と思ったら、その色はNGです。落ち着いて色へカラーリングしましょう。

証明写真のポイント④:前髪について

目や眉をだす

男女ともに、顔の表情を見せる必要があるので、

「目と眉をだす」ように、前髪を調整しましょう。

女性の場合は、ピンやスタイリング剤で、顔の表情を見えるようにね。

ライスパ

前髪で目と眉を隠しちゃうと、暗い印象になっちゃいます

証明写真のポイント⑤:メイク

ナチュラルで清潔感をイメージ

メイクが濃いのは、就職活動ではNGなので、あくまでもナチュラルで!

ナチュラルだからといって、「すっぴん」は避けたほうがいいと思います。(いないと思いますが)

ライスパ

企業がどう見るか、どう見られているか、を意識してね

証明写真のポイント⑥:背景の色

証明写真の背景は「ブルー」「白」「グレー」。

この3色を選べば問題ありません。

就職活動で一番使われているのは「薄いブルー」。

ライスパ

薄めのブルーは、スーツの輪郭をはっきりさせ、爽やかで清潔感を与えられます。

証明写真のポイント⑦:裏面に名前を書いておく

はがれてしまっても、誰かわかるように。

企業担当者は、顔写真だけでは、誰が誰だかわかりません。

証明写真を貼るのは、「のり」が基本ルールだよ。

セロテープで止めるのはNGだから、おぼえておこう。

ライスパ

はがれないように、履歴書に貼るのも大事です

証明写真 どこで撮影するか

証明写真を撮影する方法は、主に3つの手段となります。

撮影手段

  1. 撮影スタジオ
  2. スピード写真
  3. 自撮り

カメラ好きの友人がいれば、撮影してもらうのもいいかと思います。

では、3つの撮影方法の違いを、表にしたのでご覧ください。

撮影方法写真館
スタジオ
スピード写真自撮り+
アプリ加工
品質高い普通低い
価格1,600円~
10,000円(目安)
800円前後無料
所要時間10~60分10分程度10分程度
撮り直し回数店による回数制限
時間内制限あり
無制限
撮影データ店による可能可能
おすすめ度普通おすすめ非推奨
ライスパ

バランスがいい「スピード写真」を推奨します。詳しくは、次の項目で解説するよ

証明写真の撮影スポット①:スピード写真(自動証明写真機)

私が一番にオススメする撮影方法が、

「スピード写真」です。

なぜなら、品質はスタジオには劣るものの、高水準となり、大きな差にはならない。

また、近所に1箇所はあり、コストも安く、非常に便利だからです。

最近はスマホと連携して、データの受け渡しができたりと、利便性が向上しています。

撮影スタジオでお金をかけるよりは、節約してスーツやバッグにまわしたほうがいいと考えている、私です。

証明写真の撮影スポット②:スタジオ

スタジオ撮影のメリットは、

とにかく「品質が良い」。

コストの高さをカバーするくらいのクオリティがあります。

予約の手間や、金額に問題がなければ、スピード写真より、こちらを推奨したいです。

余裕がある人は、ぜひスタジオでの撮影を検討してください。

証明写真の撮影スポット③:自撮り

スマホの技術は向上したとはいえ、やはり品質では、スピード写真にも劣ります

証明写真用のアプリも出ているので、試しに撮影してみるのはいいと思います。

よければ無料だし、節約にもなるしね。

ただ、私の意見としては、スピード写真が約800円で利用できるので、こっちの方が、手軽で品質もよくていいかなと思います。


証明写真をどこで撮影すればいいか、

比較を用いて紹介してきました。

予算や品質など、あなたにあった証明写真の撮影方法を選んでくださいね。

証明写真は、最低10枚は手元に置いておくのが便利です。
余裕があれば20枚ほど手元にあると安心だよ。

就活生向けの証明写真のまとめ

就活生向けの証明写真について、「意味」「注意点、ポイント」「撮影方法」を中心にまとめました。

解決できた悩み

  1. どこで証明写真を撮影すればいい?→スタジオかスピード写真
  2. 駅前にあるスピード写真でもいい?→全然OK
  3. 髪型とかメイクはどうすればいい?→清潔感が大事
  4. 何枚くらい手元において置くと便利→10~20枚
  5. 写真はデータでももらえるの?→もらえます

証明写真より、志望動機など履歴書の中身の方が、本来は大事になります。

しかし同じぐらいのレベルの人がいた場合に、上位になれるチャンスがあるのが証明写真です。

ライスパ

誰でも撮影するからこそ、少しの手間で差をつける事ができますよ

この記事が、あなたの悩みを解決して、参考になれば嬉しいです。

では、よい証明写真を撮影してきてくださいね。

おしまい。ライスパでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる