準備する事

就活はいつから?スケジュールまとめました【早期スタートがオススメ】

この記事は「就活のスケジュール」についてまとめました。

結論から書けば「就活準備しなきゃ!」と思ったタイミングです。

これは個人差があるからです。例えば、

  • 大学3年夏のインターンに参加する人 → 大学3年4月スタート
  • 大学4年3月のエントリー開始から開始する人 → 大学3年1月スタート
  • 大学4年6月に慌ててスタートする人 → いますぐ!

と、個人差が出てきます。とはいえ、

困った男子学生
困った男子学生
いつから対策を始めればいいの・・・
困った女子学生
困った女子学生
いつから就職活動スタートすればいいの・・・
困った男子学生
困った男子学生
そもそも何からスタートすればいいの?

という方がほとんどだと思います。

だからこの記事を読めば、「一般的なスケジュール」「準備した方がいい事」がわかるようになります。

就職活動 一般的なスケジュール

ではまず「スケジュール」から見ていきたいと思います。

スケジュールと言っても大きく2つあります。

まずは一般的な経団連のスケジュールから解説します。

就活スケジュール 経団連の場合

就活スケジュール リクナビ2022(※引用:リクナビ2022 就活スケジュールいつからはじめる)

 

おそらく多くの人が認識しているのが、このスケジュールだと思います。

  • 大学3年3月 会社説明会、エントリー開始
  • 大学4年6月 先行開始
  • 大学4年10月 内定

このスケジュールは、経団連に加入している企業が守るスケジュールとなっています。

マイナビ、リクナビなど企業が提供しているサービスは、この経団連のスケジュールを基準に運営されています。

だから、会社説明会が解禁される3月1日に「エントリー開始」「大規模フェア開催」とかあるでしょ。

しかし、近年このスケジュールに縛られない企業が多く出ています。それが次の項目。

経団連(引用:コトバンク)

正式名称は「日本経済団体連合会」。自動車や電帰鉄鋼、商社、銀行など約1300社が会員。企業に有利な税制や規制緩和などの政策要望をまとめて政府に働きかける。「財界の総本山」と言われるが、近年は存在感の低下が指摘されている。

就活スケジュール 経団連以外の会社(ベンチャー、外資、中小企業)

経団連以外の企業は、「経団連のスケジュールにあわせる必要がありません。」

だから多くの企業がスケジュールを前倒して、採用活動をスタートさせています。

詳細は、このエンカレッジの「就活はいつからはじまる?多くの学生が知らない、本当の選考スケジュール」というページが非常にわかりやすいのですが、

6月1日時点での内定率64%(出典元:キャリタス2021 6月1日時点の就職活動報告

6月以前に選考を開始した企業93%(出典元:キャリタス2021 2021年卒 新卒採用に関する企業調査ー採用方針調査

企業も学生も、経団連のスケジュールなんて守っていません。

だから3月エントリー開始以前に優秀な学生を囲い込みたい企業はインターンという名目で採用活動を開始。

学生はそんな企業が多くあるから、早期にインターンに申し込んだりと大変なことになっています。

新型コロナの影響は?

ここで余談。

2021卒の学生は新型コロナの影響が出ています。

■6月1日時点での内定率の比較

2020年卒 70% → 2021年卒 57%

引用:就職みらい研究所「【緊急調査】2021年卒採用活動プロセスの見直しの現状」

2022年卒は「就職氷河期になる」「新卒採用を控える」というニュースを見ますが、

80%の企業が2022年卒の新卒採用を実施するとされています。(マイナビサポネット

マイナビサポネット

 

しかし、新型コロナウィルスの拡大次第によっては、「企業の業績悪化」や「持続化給付金の打ち切り」で新卒採用を控える企業が増える事も考えられます。

ライスパ
ライスパ
だから、学生は大変ですが、採用数が減っても内定を取れるような準備が必要になると思います。
ちなみにデータを調べるなら「マイナビサポネット」が便利です

先輩たちはいつから準備した!?データから解説

では、実際先輩達がどのようなスケジュールで活動していたかをデータを用いて解説していきたいと思います。

業界や企業の分析開始・・・大学3年9月以前!

内閣府 企業分析 時期(引用:内閣府 学生の就職・採用活動開始時期等 に関する調査)

 

2019年卒の学生は、大学3年9月以前が30%以上と高くなっています。

2015年から見ても大体この時期からスタートしてますね。

企業説明会やセミナーなどへの参加時期・・・大学3年3月!

内閣府 企業説明会参加時期(引用:内閣府 学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査)

 

企業説明会やセミナーに参加の「ピーク」は、大学3年3月で約60%となっています。

累計での集計では、5月までにほぼ90%以上の学生が参加しています。

だから、すご~~く遅い準備をする人でも、5月までには準備は完了している事になります。

エントリーシート提出時期・・・大学3年3月!

エントリーシート提出時期(引用:内閣府 学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査)

 

エントリーシートの提出時期は、大学3年3月で50%となっています。

セミナー参加時期とほぼ同じですね。

採用面接の時期・・・大学4年4月

採用面接を受けた時期(引用:内閣府 学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査)

 

初めて採用面接を受けた時期は、大学4年4月が40%と最多となっています。

採用選考開始時期である6月以前に面接している企業が多くいるという事ですね。

また3月も30%と多くなっているのは、エントリー開始とともに面接まで行う企業が多いという事でもあります。

内々定を受けた時期・・・大学4年4・5月!

内々定をもらった時期(引用:内閣府 学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査)

 

内々定をもらった時期については、大学4年4・5月が共に30%となっています。

経団連の採用スケジュールでは、6月に選考開始となりますが、ほとんどの企業が6月以前に内々定まで進めていますね。

就職活動を行っていた期間・・・最多は3ヶ月間

就職活動した期間(引用:内閣府 学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査)

 

最後に、就職活動を行っていた時期についてです。

最多は3ヶ月で35%となっています。結構短いのね。

一方で9月以上という方も20%いるので、なんとも言えないですね。

ここで大事なのは、活動期間が短ければ良いというわけではなく、答えは入社してから!だから「答えはない」という事です。

内閣府:学生の就職・採用活動開始時期などに関する調査

まとめ 先輩たちの平均値

業界や企業の分析時期 大学3年9月以前
企業説明会やセミナーへ参加時期 大学3年3月
エントリーシート提出時期 大学3年3月
採用面接の時期 大学4年4月
内々定を受けた時期 大学4年4・5月
就職活動を行っていた期間 3ヶ月

準備した方がいい事

今まで時期について書いてきました。

そして時期も大事なんですが、エントリーするまでに何をするかが大事!になるので、簡単に説明します。(詳細は後日記事をUPする予定です。)

準備するべき6つ
  1. 自己分析
  2. 企業分析
  3. エントリーシート、履歴書準備
  4. 筆記試験対策
  5. 身の回りの準備(スーツや髪型など身だしなみ)
  6. OB・OG訪問

全部大事なんだけど、特に大事なのが「自己分析」!

特に「自己分析」が超大事!

就職活動で一番重要なのは「自己分析」だと思います。

なぜならこれが定まらないと、企業分析もできないし、どの企業にエントリーしたらいいかも決まらないからです。

例えば、旅行に行くのに目的地が決まっていないと、車なのか新幹線なのか、飛行機なのか選ぶ事ができないですよ。

これと同様に就職活動も、目的が決まっていないと動けません。

だから自分の中で「何をやりたいかという軸(目的)」を持つのは大事です。

就職の軸については、「「就活の軸」をしっかり作れば周りと差がつく。作り方を簡単解説!」で解説しているので参考にしてみてください。

就職活動はいつから?→「いまから!!」

TVで活躍中の予備校講師である林先生の言葉で「いまでしょ!」とありますが、

就職活動も準備しなきゃダメだなと思った時が始めるタイミングです。

先輩たちのデータを見ると「大学3年9月以前」に、「自己分析」をスタートするのがいいと思います。

まずスタートしないことには進まないので、何でもいいのではじめてくださいね。

ではおしまい!

就活の準備
就活の準備はここからスタート!これで差がつくポイントをサクッと要約!【誰でもわかる】就活準備は大変です。しかし、ポイントを抑えていれば誰でもできるから安心してください。 ①就活の軸・・・やりたい事の明確化。②自己分析・・・自分の長所・短所を知る。③企業分析・・・入りたい会社か判断する。④履歴書・・・最低限の書き方を知る。⑤スタート時期・・・思い立ったら始めよう!。この5つのポイントをわかりやすく解説しています。これでみんなに差をつけちゃいましょう!...

自己分析の定番の一冊「ストレングス・ファインダー」。

100万部を突破し、全世界で2,400万人が利用しています。

WEBテストで「あなたの強み」が見える化できるので、自己分析に役立てます。

created by Rinker
日本経済新聞出版社
¥1,980
(2021/06/16 18:51:22時点 Amazon調べ-詳細)

就活生にオススメする人気のサービス3選!!
逆求人サイト オファーボックス
逆求人サイトのおすすめは、「オファーボックス」です。

オファーボックスは、無料で利用できて、利用企業数が7000社を超え、年々右肩上がりで増えてきている注目のサービスです。また、逆求人サイトでは3年連続でNo.1となっているので、企業にも学生にも選ばれているサービスとなります。

オススメ度
メリット
  1. 新卒オファー型就活媒体 3年連続学生利用率No.1
  2. 登録企業数は業界トップクラス
  3. プロフィールの入力90%以上で、平均17.9件のスカウトが届く!
特徴
  1. あなたが気が付かない可能性が広がります!
  2. 登録企業のほとんどが優良企業!
  3. 利用学生数は圧倒的に右肩上がり
運営会社 i-plug株式会社

詳細ページOfferBox公式HP

エージェント キャリアチケット
キャリアチケット
キャリアチケットは、新卒エージェントサービスで一番オススメのサービスとなります。なぜなら、オリコンの調査で「顧客満足度No.1」をGETしているからです。つまり、リクナビやマイナビのような大手企業より、オススメとなっています。就活の困った事は、アドバイザーに何でも相談できて、無料で利用できるので、うまく活用して内定をGETしましょう!
オススメ度
メリット
  1. 登録するまで何も準備しなくていい
  2. 最短3日で内定取得できる場合がある
  3. 優良企業170社の中から、紹介してくれる
特徴
  1. 入社後のキャリアを見据えた、本質的な就活を支援
  2. 新卒エージェントランキング 顧客満足度1位(オリコン調べ)
  3. キャリアチケット利用者の「6人に1人が内定承諾」
運営会社 レバレジーズ株式会社

詳細ページキャリアチケット公式HP

自己分析ツール キミスカ
キミスカは逆求人サイトとしても優れていますが、それ以上に自己分析ツールが優秀で便利なので、紹介します。このキミスカの適性検査は、数万人の社会人データベースにして「①意欲の傾向」「②ストレス耐性」「③職務適正」が、ビジュアルされてわかりやすく表示されるので、自己分析がはかどります。さらに、この自己分析の結果がそのまま起業からのスカウトにも活用できる、一石二鳥のサービスとなっています。
項目名
メリット
  1. 7万人以上が利用し、高度な自己分析が可能
  2. ESに書ける自分の強みがわかる
  3. 自己分析の結果をそのまま、スカウトに活用できる
特徴
  1. 就活生の5名に1名が利用している
  2. スカウトメールは3種類。プラチナスカウトは超貴重
  3. 直接企業担当者と接触できるイベントがある
運営会社 株式会社グローアップ

詳細ページキミスカ公式HP

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA