まずはここからスタート詳しくはこちら

【履歴書のポイントを解説】手書きはOK?それともPCは?「すべて解決」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事は、就活学生向けの履歴書について紹介している記事です。

履歴書を今まで見たことがない人や、バイトの時書いたけどよく覚えてない、という人が多いと思います。

そこで、履歴書の種類から担当者が気にするポイント、手書きがいいのか?それともPCでいいのか?を中心に、紹介していきます。

ライスパ

人材業界で15年営業として働いている経験を活かして、わかりやすく書いています。

この記事のポイント
  1. 履歴書の種類
  2. 担当者がチェックする項目
  3. 手書き?それともPCでいい?

この記事を読み終わった時に、皆さんが履歴書を理解ができていれば嬉しいです。

では早速、履歴書の種類から説明していきますね!

クリックできる目次

ポイント1:履歴書の種類について。4種類あります。

この項目では、履歴書の種類について解説します。

履歴書は、4つの種類があります。

その内訳がこれです↓

履歴書の種類
  1. 一般用・・・就活(新卒)学生向け
  2. JIS規格・・・転職者向けの職歴が豊富な人向け
  3. 転職用・・・一般的な転職者向け
  4. パート・アルバイト用・・・その名の通り、アルバイト用

就活で利用するのは、①一般用の履歴書を使用しましょう。

また、学校によっては、学校指定の履歴書があるので、その学校指定の履歴書を使用しましょう。

転職者用は、2つあり、職歴を書く項目があるので、記載する項目が多めになっています。

パート・アルバイト用は、比較的簡易的な造りになっています。

ライスパ

知ってみると簡単でしょ!

ポイント2:担当者がチェックする履歴書の項目は?

では2つ目のポイントである「担当者がどこをチェックするか?」を解説します。

みんなも気になるでしょ!?

学生が履歴書を提出するのは、企業の採用担当者ですね。

その企業の採用担当者は、履歴書のどこを見ているのでしょうか。

それはこの4項目です。

特に、①志望動機、②自己PRが重要となります。

困った就活生(女性)

志望動機はどう書けばいい

困った就活生

自己PRに書くことなんてないよ・・・

という学生も多いかと思うので、解説しますね。

担当者がチェックする項目1:志望動機

志望動機でよくあるこのフレーズを書いてはNGです。

ライスパ

「御社の企業理念に共感して~~」とか書いていたら落ちます

大事なのは、入った企業で何ができるかをあなたの言葉で書くことです。

例えば、ユニクロに入社したいのであれば、ユニクロに入社してあなたが何をできるかです。

衣服を通じて地域貢献ができるからとか、SDGsで環境に優しい会社に貢献できるとか、あなたができる事を書きましょう。この志望動機は重要なので、時間をかけてでもしっかり考えましょう。

ビジネスで使える文章の書き方
  1. 結論を書く
  2. その理由を書く
  3. 具体例を書く
  4. 再び結論を書く

たったこれだけで見違える文章になります。

※詳細を知りたい人は、「PREP法(プレップ法)」で検索してみてください。

担当者がチェックする項目2:自己PR

自己PRはあなたの経験してきた事を自慢するように書きましょう。

なぜなら採用担当者は、あなたの事は全く知らないからです。

だから、自己PRはあなたがどういう人間なのかを存分にアピールしましょう。

担当者が知りたい項目
  • あなたが今まで何を取り組んだのか?
  • 取り組んだ中で何を成し遂げたか?
  • 成し遂げるにあたり、苦難をどう乗り越えたか?
  • その経験を入社後「どのように活かせるか」?

バイト、部活、サークル、ゼミ、なんでもいいと思います。

その中であなたが他の誰にも負けないポイントを見つけましょう。

そして履歴書に書く時には、知らない人にわかりやすく伝えるために、「ちょっと大げさかも」というくらい自慢げに書きましょう。

意外と書き終わったものを読むと、普通だったりしますよ。

担当者がチェックする項目3:趣味・特技

3つ目の項目は、「趣味、特技」です。

この「趣味・特技」の項目は、結構悩む人が多いポイントです。

ですが、次の3点に気をつければ比較的簡単に書けますよ。

趣味特技で見られるポイント
  • 集中力
  • 継続する力
  • 意外性
  • 多様性

学生時代に、何に取り組んで、どれだけ集中して継続できたか?

これは、厳しい社会で頑張って目的に向かって、長期的に頑張れるかを見ています。

また企業は、意外性や多様性がある学生を好む傾向があります。順調な仕事は少ないので、大変な仕事に対し幅が広いアプローチができ、柔軟に対応できる方が活躍できるからです。これらの項目を積極的に書いていきましょう!

担当者がチェックする項目4:ゼミの研究内容

最後は、ゼミの内容です。

ゼミを通じてあなたが何を学んだか、を見るのがこの項目です。

ゼミの内容のポイント
  • なぜそのゼミの研究内容を選んだのか
  • そのゼミを通じて何を学んだか

社会勉強ができた、専門分野に詳しくなった、人間関係が学べたなど、よく考えて書きましょう。

ポイント3:履歴書は手書き?パソコン?

履歴書でよくある質問で「手書きがいいか?」「パソコンで書いてもいいか?」という質問があります。

私の答えは、「パソコンでいい」です。

パソコンでいい理由
  • 内容が大事
  • パソコンで書いた履歴書でも大丈夫という理解が深まった
  • 手書きしかダメという会社は、柔軟性がない

「履歴書を手で書いたから気持ちがこもっている」

「パソコンだから気持ちがこもっていない」

とか言っている企業の考えは古く、柔軟性がないので、将来性もありません。そんな企業は辞めましょう。

大事なのは履歴書の中身、内容です。

中途採用では、パソコンが主流なので、新卒採用でもパソコン書きが浸透してきています。

だから、パソコンで書いた履歴書で大丈夫です。コピペも簡単だしね!!

ブラウザで履歴書が作成できるサービスで「ヤギッシュ」があります。
ヤギッシュは、画面遷移に従って入力していれば、完成するので便利です。

履歴書のまとめ

今回は、就活学生向けの履歴書について書いてきました。

これで履歴書の種類、担当者が気にするポイント、手書きがいいか、PCでもいいかが理解できたと思います。

履歴書をいきなり書くのは難しいかもしれません。

しかし、是非この記事で紹介した「担当者が気にする4つのポイント」を参考に、わかりやすい履歴書を書いて下さいね。

ライスパ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
少しでも参考になれば嬉しいです。

おしまい。ライスパでした。

他にも就活準備に関する記事を書いているので、ぜひご覧下さい。



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる