まずはここからスタート詳しくはこちら

就活生に読んでほしい「元気が出る書籍」厳選5冊+1【お気に入りを見つけよう】

ライスパ

25歳から平均年間50~80冊の本を読んできた私が、今までの経験と実績から厳選して選びました

この記事は、「就活生が落ち込んでしまった時に、やる気と元気が出てくる本を紹介する」記事です。

就活で、面接に落ち続けたり、内定が出なくて落ち込んでしまう事ってあるよね。

困った就活生(女性)

どうせ私なんて必要ない人間なんだ・・・

困った就活生

俺なんてなんの取り柄もないから、ダメなんだ・・・

このような心理状態で、就活をしても上手く行かないですよね。

今回紹介する本を読めば、やる気が出て、自分自身を信じる事ができるようになります!

では、早速私が厳選した5冊を紹介していきます。

本を読むのが苦手という人へ
いきなり読むと挫折するかもしれないので、YouTubeや要約サイトを見て、
大枠を理解してから読むと、理解が深まります

クリックできる目次

就活生向け「元気とやる気が出る」厳選した5冊

今回私が選んだ書籍は、この5冊です。

他にも選びたかった本はあるけど、読みやすさも考慮してこの5冊に決めました。

厳選した5冊
  1. ドラことば 心に響くドラえもん名言集
  2. 嫌われる勇気
  3. 自分の中に毒を持て 岡本太郎
  4. 生き方 稲盛和夫
  5. 筋トレが最強のソリューションである テストステロン

では、早速1冊目から紹介していきます。

元気とやる気が出る本①:ドラことば 心に響くドラえもん名言集

ドラことば

1冊目は、みんな知ってるドラえもんの名言集を集めた「ドラことば心に響くドラえもん名言集」です。

ドラえもんとのび太の何気ない一言が、実は深い意味を持っていたりするから面白いです。

のび太の名言を3つだけ抜粋しますね。

のび太の名言
  • あったかいふとんで、ぐっすり寝る!こんなに楽しいことがあるか
  • 別に命にかかわるわけじゃなし
  • やる気になるのを、待ってるの

どうです?結構、グサッときません?

私は仕事でミスした時や、怒られた場合、「別に命にかかわるわけじゃない」と思って、ストレスをスルーする事が多々あります。

どんなに不採用になっても死ぬわけじゃないし、ふとんでぐっすり眠れるのは幸せなんだから、やる気になるまで待てばいいのさ。

この本は、マンガを抜粋していて読みやすく、オススメです!

元気とやる気が出る本②:嫌われる勇気

嫌われる勇気

嫌われる勇気は、三大心理学者であるアルフレッド・アドラーの言葉をまとめた本です。

人間関係の悩みをシンプルに解決して「嫌われる勇気を持ちながら、自分らしく生きる為の方法」を書いた2013年のベストセラーです。

発売から時間がたっていますが、いまだに売れ続けている名著となります。

まこなり社長や中田敦彦さんも絶賛しています。

わかりやすいのは、この動画です。

図解(アニメーション化)されていて、頭にスッと入ってきます。

この嫌われる勇気を一言でまとめると、「周りの視線は気にしないで、自分らしく生きる事が幸せ」という事になります。

これを就活に置き換えてみると、大手企業や名前を知っている会社を選ぶのではなく、あなたが働きたいシゴトができる会社で働くのが幸せとなります。

周囲で内定が出ていて、あなたに内定がなくても、あなたらしく生きることが結果的にあなたの幸せになります。

就活に置き換えて、自分自身にあてはめて読んでみるのも、いいと思います。

この嫌われる勇気は、就活だけでなく、社会人になってからも役に立つ本なので、繰り返し読んで欲しい一冊です。

元気とやる気が出る本③:自分の中に毒を持て/岡本太郎

自分の中に毒を持て

自分の中に毒を持て<新装版>の著者である岡本太郎さんを知っていますか?

一番有名なのは、「大阪万博の太陽の塔」かと思います。

太陽の塔
これが有名な「太陽の塔」です。

最近では”あいみょん”さんが、岡本太郎さんの大ファンと公言して、Casaブルータスで特集を組んでいるほどです。

※あいみょんさんが、想像以上に岡本太郎さんのファンでびっくりしました。

話は戻り、岡本太郎さんは、太陽の塔での奇抜なデザインで世間を驚かせ、賛否両論があったと聞いています。

この逆風にも負けない岡本太郎さんの考えが詰まったのが、「自分の中に毒を持て」です。

ライスパ

私が読んだ感想は、とにかく熱い!名言だらけで本に線を引きまくりました。

小さい事で悩んでいるのが、バカらしく感じてきます。

先程紹介した「嫌われる勇気」と同様に、「自分の決めた道は、ブレずにやり通せ。そうすれば知らないうちに幸せになっている」と書かれています。

また就活に置き換えますが、不採用が続いたり、周りに変な事を言われていても、自分を信じて活動し続ければ、働きたい仕事の会社で内定取れますよ!

文庫サイズで600円台で購入できるので、ぜひ読んでみてください。

元気とやる気が出る本④:生き方/稲盛和夫

生き方 稲盛和夫

生き方は2004年に発売され、約10年かけて130万部を突破したロングセラーとなります。

著者は京セラとKDDIの創業者である稲盛和夫さん。近年ではJALの再建を果たした事でも注目を集めました。

その稲盛和夫さんが「生き方」という人間として一番大事な事を書いています。

生き方の名言を抜粋
  • もうダメだという時が仕事の始まり
  • 世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗はない。諦めた時が失敗である
  • 『素直な心』『熱意』『努力』といった言葉は、あまりにプリミティブな為、誰も気に留めない。しかし、そういう単純な原理こそが人生を決めていくポイントなのだ。

この本はすべてが名言です。就職活動だけでなく、人生で役に立つ本となっています。

内定という目先の事だけではありません。人生という長期的な視点に立った時に、判断に迷う時もあると思います。

そんな時に、人生の方向を導いてくれる本になります。

稲盛和夫さんは、「働き方」という名著も書いているので、合わせて読むと、より効果を発揮します。

元気とやる気が出る本⑤:超筋トレが最強のソリューションである

筋トレが最高 テストステロン

ラスト5冊目は、超筋トレが最強のソリューションであるです。

著者はテストステロンさんというマッチョな会社経営者です。

この本を簡単に説明すると、『筋トレをしてカラダを鍛えると、自分に自信を持てるようになり、人生を前向きに生きていける』という内容です。

困った女性

私、筋トレとかしないし・・・

困った男性

運動とかだるい・・・

こんな方も安心してください。

この本のすごい所は、筋トレですべてを解決しようとしている点です。

みなさんには、この強引な考え方を理解して盗んで欲しいと思っています。

就活での強引な考えの例
  • 面接官より私の方が鍛えているから「すごい」と優位に立てる
  • グループ面接で、ナヨナヨしている学生より、鍛えているから優位に立てる
  • いざとなれば力で圧倒できるから、自分に自信が出て大声で話す事ができる

強引な結びつけですが、本人が前向きになればOKです。

このような強引な結びつけが多数記載されている本です。

強引な結びつけを、ぜひ皆さんに盗んでほしいと思います。

ライスパ

みなさんも「自分に得意な事」があるはず。それを強引に結びつけて自身に変えちゃえばOK!

周りがなんて言おうが、どう見られようが関係ありません。自分が良ければOKという思考法を、持てるようになります。

落ち込んでいる時は、これくらいゆるい本の方が読みやすいでしょ!?

就活生向け「元気とやる気が出る」厳選した5冊 のまとめ

落ち込んでしまった時に、私がぜひ読んで欲しい5冊をまとめました。

この5冊のどれか1冊でも読んでもらえれば、元気とやる気が出ることは間違いありません

とはいえ、なかなか本を読むのが難しいという人は、自分なりにテンションを上げられる本を見つけておきましょう。

書籍でもマンガでもなんでもいいので、前向きになれる本を見つけましょう。

就活は、良いことばかりではなく、不採用が続いたり辛い事の方が多いかもしれません。前向きになれるメンタルの強さも必要になるので、「あなただけの一冊」を見つけましょう。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

少しでもこの記事が、あなたの役に立てば嬉しいです。

就活の記事を複数書いているので、ぜひチェックしてください。

では、おしまい。ライスパでした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次