まずはここからスタート詳しくはこちら

【就活とLGBT】よくある事例と問題点を解説「解決方法は・・・」

この記事は、就活における「LGBT」をまとめた記事です。

就活で「LGBTでどのような問題があるか?」、あなたはご存じですか?

就活ブログを運営していながら、

私は調べるまで、全くと言っていいほど知りませんでした。

多くの人が、同様に知らないのではないでしょうか?

そこで私が『初心者でもわかるLGBT』、をまとめました。

これをきっかけに、「LGBTに対する認知が進む事」を期待しています。

では早速ですが、LGBTとは?

という所から、説明していきたいと思います。

クリックできる目次

LGBTとは

LGBTを知らない人

最近LGBTってよく聞くけどよくわからない

私もよくわからない一人でした。

そこで参考にしたのが、法務省のホームページでした。

LGBTとは、次の言葉を取って組み合わせた言葉で、

性的少数者(セクシャルマイノリティ)を表す言葉の一つです。

・「L」・・・レズビアン

・「G」・・・ゲイ

・「B」・・・バイセクシュアル

・「T」・・・トランスジェンダー

引用元:法務省 人権擁護局
ライスパ

知らない方もいるかと思うので、ポイントを解説をしますね

「LGBT」の「L」:レズビアンとは

レズビアンとは

レズビアンとは、女性の同性愛者です。

心の性が女性で恋愛対象も女性の場合も同様です。

見た目が女性的なレズビアンを「フェム」、

見た目が男性的なレズビアンを「ボイ」と呼ぶこともあります。

日本でレズビアンを公表しているのは、

一ノ瀬文香さん、Ayabambiさん、牧村朝子さん、尾辻かな子さんとなります。

「LGBT」の「B」:ゲイとは

ゲイとは

ゲイとは、男性の同性愛者です。

心の性が男性で、恋愛対象が男性の場合も含まれます。

マツコ・デラックスさん、三ツ矢雄二さん、ぺえさん、へえさんが有名です。

「LGBT」の「B」:バイセクシュアルとは

バイセクシュアルとは

バイセクシュアルとは、両性愛者です。

恋愛対象が、女性と男性のどちらにも向いている方となります。

日本で有名なのは、カズレーザーさん、壇蜜さん、鳥居みゆきさんとなります。

「LGBT」の「T」:トランスジェンダーとは

トランスジェンダーとは

トランスジェンダーとは、

「身体の姓」は男性でも「心の性」は女性というように、

「身体の性」と「心の性」が一致しないため、

「身体の性」に違和感を持つ人です。

「心の性」にそって生きたいと望む方が多いのが特徴です。

日本では、はるな愛さん、KABA.ちゃん、GENKINGさんが有名です。

ちなみに、最近では「LGBTQIA」というように、

「QIA」を追加するケースも出てきています。

それなので「QIA」についても説明しておきますね。

「LGBTQIA」の「QIA」とは:LGBTの多様性の事

LGBTQIAとは

LGBTの4つに当てはまらない性的少数者を内包する呼称。

LGBTより、多様性を含んだ言葉となります。

具体的には、

男女どちらにも恋愛感情を抱かない人や、自分自身の性を決めていない人、

あるいはわからない人など、多様性が広がっています。

ライスパ

「LGBTQIA+」のように、最語に「+」を追加するケースもあります。これは、その他にも多様なセクシャルが存在することを表しています

つい数年前の日本では馴染みはありませんでしたが、

多様性を受け入れる文化が徐々に広まってきています。

私達にできるLGBTの受け入れ方、解決方法

疑問な女性

LGBTの人が悩んでいるのはわかったけど、私達にできる事ってあるの?

この方のように、LGBTを受け入れたいと思う人も増えていると思います。私もチカラになれるなら、チカラになりたいと思います。

とはいえ、どうすればいいかわからない人も多いかと思います。

そこで再度、法務省のホームページを参考にさせていただきました。

私達にできるLGBTの解決法や、必要な事はこちらです。

LGBTを受け入れる為に、必要な事

  1. 多様な性について知る
  2. 習慣・常識を変える
  3. 理解者を増やす

LGBTを受け入れる為にできる事①:多様な性について知る

1点目のポイントは、人間には様々な「性」がある事を知りましょう!

専門家/当事者から話を聞く、

研修会を開催するなど、

性的指向・性自認に関する知識を持つ機会を設ける。

ライスパ

まずは、どういうLGBTがあるか、知ることからスタートしましょう

LGBTを受け入れる為にできる事②:習慣・常識を変える

2点目は、今までの考え方に縛られず、柔軟な考え方ができるようにしましょう

身の回りの習慣や常識となっている考え方を今一度点検し、

性的指向・性自認に関する差別やハラスメントにつながるものはないか、

見直しが必要なものはないか、考えてみましょう。

ライスパ

今までの常識は非常識。新しく知って受け入れる心を持ちましょう

LGBTを受け入れる為にできる事③:理解者を増やす

3点目は、LGBTを理解してくれる人を増やす事です。

組織内に、性的指向・性自認に関する知識を持つ理解者を増やす事が大事。

理解者に対して「理解者、支援者」であることを

目に見える形で行動することによって、

当事者たちの応援の姿勢やメッセージにつながることを知らせる。

家族、学校、職場の中で、

当事者が、「自分の居場所がある」

と実感できる機会を増やしていくことがとても大切です。

たとえ一人でも、きちんと気持ちを受け止めてくれる人、

安心感を与えてくれる人がいれば、前向きな気持ちが生まれるものです。

ライスパ

あなたの支えが、大きな支えになる可能性があることを認識しましょう


ここまでは、LGBTとは、LGBTを受け入れるには?

という事を中心に解説してきました。

ここからは、就職活動において社会問題化してきた「LGBT」に関する5つの問題について解説していきます。

就活における、代表的な5つの問題

LGBTが、日本の就職活動で問題となっている、

代表的な5つの項目について解説します。

就活での「LGBT」の問題点

  1. 面接と質問
  2. カミングアウト
  3. 髪型
  4. スーツ
  5. 不利になる

就活でよくある「LGBT」の問題①:面接の質問

LGBTに理解がある企業(特に大企業)では、

適切な質問が出されるケースが増えてきましたが、

中小企業や多くの企業でのLGBTの理解は不足しています。

その際に、LGBTの方が、質問されて困る項目はこちらです。

LGBTが困る、面接での質問の例

  • エントリーフォームで性別の選択が「男」「女」しかない
  • 女性なのにメンズスーツを着ていたら、なぜ?
  • LGBTに関する質問をされた場合の、周りの雰囲気
無知な面接官

うちみたいな会社にLGBTなんて関係ない。あなたなんでそんな格好しているの?

ライスパ

こんな面接官がいる会社は辞めましょう

また、この面接官みたいな質問をされた場合に、「他の学生の反応」も面接官に同調されてしまうと、非常に心細くなり厳しくなります。

みんなの理解を深くして、支えていきましょう。

就活でよくある「LGBT」の問題②:カミングアウトをするか

就職活動時に、自分がカミングアウトするか、迷う学生が多くいます。

なぜなら、カミングアウトする事のデメリットの方が大きいからです。

LGBTが困るカミングアウトについて

  • カミングアウトしたら、周りが変な雰囲気にならないかな
  • 同じ学生に変な目で見られたくない
  • 影で何を言われるかわからない
  • 選考で不利になるのでは?
  • ネットを見ると、「カミングアウトしたら落とされた」という意見が多い
ライスパ

カミングアウトする事は、本当に大きな決断です。その気持ちを無駄にしないで。

就活でよくある「LGBT」の問題③:髪型をどうするか

問題③④は、見た目に関する項目です。

トランスジェンダーの方に多いのが、髪型の問題があります。

LGBTが困る、髪型の問題

  • 見た目は女性、しかし心は男性。髪型は女性ぽくしないとダメ。
  • 見た目は男性、しかし心は女性。短い髪型にはしたくない。
ライスパ

私が就活をしていた20年前に比べたら多様性は広まったとはいえ、難しい問題です。

就活でよくある「LGBT」の問題④:スーツをどうするか

先程の髪型と同様に、切実な問題です。

LGBTが困る、スーツ問題

  • 見た目は女性、しかし心は男性。レディーススーツは着たくない。
  • 見た目は男性、しかし心は女性。スーツにネクタイは無理。
ライスパ

朗報です!就活の性差別問題については、2020年から問題提起がされています!

#就活セクシズム という、性差別の根絶を求める署名活動がスタート!!

都内IT企業の会社員や、就活を控えた大学生など約10名が、立ち上げた運動です。

署名の提出先は、リクルートやスーツのAOKIなどの企業から、大学や専門学校などの高等教育機関になっています。

詳細を確認したいかたは、こちらからご確認ください。

就活断念した元就活生ら、リクルートやAOKIに抗議の署名開始。女子学生に「美しさ」求める謎マナーの背景は

BUSINESS INSIDER
ライスパ

個人では動くことができないから、こういった活動は非常に良いと思います。

就活でよくある「LGBT」の問題⑤:LGBTだと不利になる

最後の5つ目の問題は、

LGBTだと不利になるかもしれない、という事です

LGBTが困る、不利になるかも問題

  • カミングアウトしたら、落とされるのでは?
  • 面接官の反応が微妙
  • 問題児としか思われてないのかな
  • 地方だと受け入れてくれる企業は少ない
ライスパ

LGBTというだけで、スタートラインに立てないのは、不条理です。


では、これら5つの問題を解決するにはどうすればいいでしょうか?

それは先程、「 私達にできるLGBTの受け入れ方、解決方法 」

の項目で紹介をした、この3つを一人ひとりが行い理解を深める事です。

LGBTを受け入れる為に、必要な事

  1. 多様な性について知る
  2. 習慣・常識を変える
  3. 理解者を増やす

あとは、「#就活セクシズム」の署名のように、

社会問題に参加する事が必要となるでしょう。

LGBTの対策している有名な企業

最近ではLGBTの理解が深まり、「LGBTを受け入れる制度」を作成した企業も多くあります。

その代表的な会社を紹介します。

みなさんも名前を聞いた事がある企業ばかりですね。

大企業や世界でもビジネスを行っている会社は、「LGBT」に対する姿勢は前向きです。

パンテーンと、資生堂は、髪の毛やメイク、

スタバやユニクロは、働き方や制度を整備しています。

ぜひリンクをクリックして、確認してみてくださいね。

他にもジョブレインボーさんの記事も参考になります。

LGBT採用に前向きな企業まとめ【 40社 】

ジョブレインボー

『 LGBTフレンドリー 』 な企業って、どんな会社なんだろう?

ジョブレインボー

LGBTを理解するためのおすすめ本

全部で5冊を紹介します。

ライスパ

LGBTの基本から、社会や会社でのLGBTまでわかる入門的な5冊です

LGBTで困ったら、ここに問い合わせしよう

LGBTについて、身近に相談できる存在がいれば心強いですが、なかなか難しい場合も多いと思います。

そんな時は、これらの会社やNPOに連絡してみましょう。支えになってくれると思います。

困った時の問い合わせ先

  1. アイリスにじいろ電話相談03-3464-3401
  2. LGBTホットライン011-728-2216
  3. こころの相談050-5539-0246
  4. よりそいホットライン0120-279-338
  5. フレンズライン080-9062-2416
ライスパ

東京都は、「Tokyo LGBT相談専門電話相談」と、都が運営している相談窓口があります。ご自身の自治体に問い合わせをするのもおすすめです。

とりかく一人で悩まず、抱え込まないようにしましょう。

LGBTについて、まとめた感想

この記事を執筆するにあたって、色々調べた結果わかった事があります。

それは、この3つです。

LGBTについて何も知らない

個人でできる事は限られている

・LGBTの解決策が、具体的に見当たらない

私の身近にLGBTの方はいませんでした。

本当はいたかもしれませんが、気が付いてなかったので、テレビやドラマ、小説の中の世界の話だと思っていました。

LGBTの割合は8名に一人なので、すごく身近な存在です。様々な多様性の時代に、個人や会社、そして社会全体が理解を深めないといけません。

しかし、個人でできる事は本当に限られていると感じました。

だから、この記事を書いて、

本当に小さなチカラですが、貢献したいと思いました。

LGBTの理解を深める活動は困難だと思います。時間もかかると思います。しかし、いつかLGBTが当たり前の社会になると信じています。

そのためにサポートはしていきたいと思います。

(余談)

最近の小説やドラマは、

トランスジェンダーをオチに使う作品が多く、残念に思います。

韓国の「梨泰院クラス」のように応援をさせて欲しいと思います。

就活とLGBTのまとめ

この記事では、「LGBTとは」という所からスタートして、「就職活動におけるLGBT」の問題点をまとめました。

私が問題と思ったのは、この5点です。

就活での「LGBT」の問題点

  1. 面接と質問
  2. カミングアウト
  3. 髪型
  4. スーツ
  5. 不利になる
ライスパ

本来であれば、この問題について解決策を示すのですが、問題が大きすぎて書けませんでした。

2021年の日本では、個人でできる解決策は本当に限られています。

いまこそ社会全体でのLGBTに対する偏見をなくす必要があります。

2021年秋の総選挙の際、各党が「LGBT」「SDGs」を多く取り上げていたので、少しづつ変化が期待できる状況となっています。

私はブログを書いたり、本業でLGBTの方を支えられるようにしたいと思います。

長文となりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。

この記事でみなさんのLGBTに対する認識が少しでも変わってくれたら嬉しいです。

ではまた。ライスパでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次